遊ぶこども

硬いフローリングの衝撃や冷えから赤ちゃんを守るためにジョイントマットを買うママさん達。どんなタイミングで欲しいと思い、使ってみてどうだったか、いつまで必要だと思うのか?経験談やアドバイスを聞いてみました。

Sponsored Link

子供がいくつの時にジョイントマットを使いはじめましたか?

好奇心旺盛

 アンケート結果 

  • 1ヶ月 2人
  • 2ヶ月 2人
  • 3ヶ月 6人
  • 4ヶ月 2人
  • 5ヶ月 5人
  • 6ヶ月 3人
  • 10ヶ月 1人
  • 1歳頃 5人
  • 2歳頃 1人

今回のアンケートでは、首がすわってきて赤ちゃんが頭を持ち上げるようになる3ヶ月頃や、寝返りを始める5カ月頃など、動きが出てくるあたりで購入して使い始めるパターンが多いという結果になりました。

また、1人で立とうとしたり歩こうとし始める1歳頃に、転倒対策で使用スタートするママさんも多め。

活発に動く赤ちゃんは微笑ましいけど、お座りの時よりも高い位置(立った姿勢)から勢いよく頭を床にぶつけないか心配ですものね。

フローリングのリビングに赤ちゃんスペースを作るご家庭が多いようなので、首すわりやお座り、たっちやあんよが不安定なうちはクッション性のあるマットを敷くと安心感があります。

【2ヶ月~】 お座りが上手にできないとき、後ろに倒れたりする場面が多々あり、マットの柔らかさで衝撃を吸収でき、頭を強く打つ事はありませんでした。ジョイントマットを使用してよかったと思います。
【4ヶ月~】 里帰り後、子供が過ごせる場所がベッドの上しかなかったので、日中リビングで一緒に過ごせるようにとジョイントマットを購入しました。

生活空間が広がることで、子供が受ける刺激量は格段に増えると思うので、環境設定は重要だと思います。購入を迷いましたが、結果的には購入してよかったと思っています。

【5ヶ月~】  我が家では、寝返りを始めた5ヶ月頃から使い始めました。
【5ヶ月頃~】 赤ちゃんが寝ながらも移動するようになり、床に頭をぶつけたりこすったりするようになったからです。
【5ヶ月~】 子供が、お座りやずりばいをやり始めた時に、ジョイントマットを購入してフローリングに敷き詰めました!!寒い時期だったので、お腹やお尻が冷えるのが気になったので。

フローリングよりは、マットを敷いた方がよく動けるし、手触りも好きみたいで、スリスリしたりして遊んでます。

使い始めて、まだ2ヶ月ですが毎日マットの上で動き回って遊んでいます。今のところは、凹んだりなどの事もなく使えています。いまから、ハイハイなどすることが増えるので、まだまだ活躍出来そうです.。.:*☆

【1歳~】 子供がつかまり立ちをしだした時から使用しています。
【1歳~】 1歳を過ぎた頃から、家の中でアンパンマンカーやプレーンズやバイクなどとにかく猛スピードで走りまくり、きゅっと曲がるので床が傷だらけになりそうでしたがマットのおかげで傷防止効果にもなりました。

後半は、いつまで使っているのかのアンケートです!

Sponsored Link

何歳まで使っていましたか?

 アンケート結果 

  • 11歳まで 1人
  • 7歳現在 1人
  • 6歳まで 1人
  • 3歳現在 3人
  • 3歳まで 6人
  • 2歳現在 4人
  • 2歳まで 3人
  • 1歳現在 6人
  • 1歳頃まで 1人

※現在使用中のご家庭も含めて集計しています。

今回の結果では、3歳まで使っていたという経験談が多め。

子供の成長に合わせて、しっかり歩けるようになる頃に卒業というパターンも多いようです。引っ越しのタイミングで廃棄して使用終了のご家庭も。

しかし、2人目を出産して使用延長という場合や、床の傷防止、冷え対策として使いたい場合、子供が大きく育ってからも使い続けていらっしゃるようです。

子供が小学生になっても継続して使っていたママさんのご意見も聞けました。

【11歳まで】 いつまで必要かは子供たちの遊び方の性格にもよると思いますがトランポリンや小さいアスレチックなどで遊ぶ子供なら、小学生の高学年ぐらいまでひくほうがフロ-リングや畳が痛まなくていいし余計な所で怒らなくてすむので親にもいいと思います。

ただ親の足が歳で上がらなくなると少しの段でもつまずくので注意が必要です。

【6歳まで】子供が生まれた時に買いました。少し大きくなれば走り回ったりしますが、マンションでは階下への騒音が気になるので騒音防止にも使えると思いました。

【現在3歳】 予想外に転ぶし、大きくなってからも激しく遊べば激しく転倒しますので3歳になる今も使っています。
【3歳頃まで】 我が家ではしっかりと歩けるようになっても利用していました。赤ちゃんのけがを防止するというより、よく食べ物や飲み物をこぼすようになり、ジョイントマットはそこの部分だけきれいにできるからです。また冬は寒さを防止してくれて重宝しました。
【3歳まで】 下の子供がいたので長い期間買い替えながら使用していました。引越しの際に全て捨てるだけだったのも楽でした。小さいお子さんがいる家庭には適したアイテムだと思います。
【現在3歳前】 幼児用のトランポリンと室内遊具(滑り台)の下にジョイントマットを使用しています。
【現在2歳9ケ月】 男の子だからか工具にはまって床にグサグサ刺して遊んだり、レンジャー系の棒を振り回した時も畳や障子に穴ができましたが、廊下はマットの厚さもある程度あったので床が傷つくことはありません。
【2歳4ヶ月まで】 2歳4ヶ月頃に引っ越しをして、そこからマットは使用していません。
【2歳まで】 ハイハイするようになってからは自力でマット(2㎡正方形)の外に出てしまうことが増えましたが、おもちゃを置いていたので、2歳で引っ越すまでは赤ちゃん本人にとって自分専用のエリアとして過ごしていました。
【現在1歳11ヶ月】 1歳過ぎておもちゃで遊ぶようになると固いおもちゃを落としたりするので、床の傷付き防止にもなっています。
【1歳まで】 幼児期は上手に歩けるような月齢になるまでは転倒が多いので、使用した方が怪我防止になると思います。

まとめ

赤ちゃんの体の動きが活発になってくると、ジョイントマットのクッション性が活躍するようです。昔ながらの畳が敷いてあるお部屋なら薄い布マットでも安心ですが、可愛い頭が硬いフローリングにゴンッと当たると心配ですものね。

いつまで使い続けるのかは、家族構成やご家庭の事情によって大きな差が出ました。

乳幼児の頃は安全確保のために必要ですが、賃貸だから床の傷防止が必要だとか、マンションだから子供が元気に遊ぶ音や足音の防音対策に使いたいとか、子供が大きく成長してもジョイントマットがママさんの手助けをしています。

Sponsored Link