ガブッ

ジョイントの端が気になるのか、いじったり舐めたりします。(3ヶ月~1歳5ヶ月の現在も使用中)

赤ちゃんの頃に何でもなめてヨダレでべとべとにしていた歳の離れた妹が「よくなめて育ったから抵抗力ついたわ」なんて誇っていましたが、なめたりかじったりするのは赤ちゃんが物を確認するお仕事、成長の過程のひとつなんですね!

でも、お洗濯して綺麗にしたタオルや服だけでなく、足元の敷物や床までなめちゃうのは気になるので、育児中にジョイントマットを使ったことがあるママさんに体験談やアドバイスを聞いてみました。(カッコ内はお子さんの年齢情報です)

Sponsored Link

赤ちゃんが床をなめるのを防ぐためにマットを買うママも

生後4か月で寝返りをするようになってからジョイントマットを購入しました。頻繁に掃除をしていましたが、住んでいた賃貸住宅の床がもともとあまりきれいではなかったので、赤ちゃんが汚い床の上で過ごしたり床をなめるのを防ぐために使いたいと思いました。

寝返りするまでは日中はずっとトッポンチーノの上で過ごしていたので、ジョイントマットが今度は子供の居場所、いる目印になったのも良かったです。(4ヶ月~2歳まで使用)

新築やリフォーム後ならピカピカだけど、中古や賃貸だと使用頻度の高いリビングの床が劣化していることありますよね。

我が家は賃貸マンションなのですが、リビングの床はカーペット付きだったので清潔感は怪しいところ・・・。そうなると、自分で買った清潔なマットを敷きたくなっちゃいます。

カーペットや絨毯より安心なジョイントマット

毛足の長い敷物だと衛生面が気になりますよね。比べて表面がツルンとしていて丸洗い&水ぶきOKのマットは、さっぱりとした使い心地が利点です。

絨毯だとホコリも立ちますし、舐め舐めやヨダレ等で衛生的にもよくないかなとジョイントマットにしました。

わが家は一部屋のみ畳で他はフローリングの4LDKの間取り。床暖房機能がないリビングで、少しでもフローリングの冷たさから赤ちゃんを回避するために使用しています。(1ヶ月から3歳の現在も使用)

カーペットを使うより埃やダニも気にならなくて気に入っています。(5ヶ月から3歳まで使用)
うちは肌が弱かったので絨毯タイプのマットは購入しませんでした。拭けるし洗えるし清潔を保ちやすかったのでダニの心配もなく幼児期はとても良いアイテムの一つでした。(3ヶ月から3歳まで使用)
絨毯だとなかなか洗えないので、ジョイントマットのほうが衛生的かなと思います。小さいうちは食べ物や飲み物をこぼしてしまうことが多いので、汚れた所だけ剥がして洗えるのは良かったです。(6ヶ月〜7歳の現在も使用中)

汚れた部分だけ取り外してコンパクトにお手入れできるのは、ジョイントできるマットならではの特徴ですね。

毛のついた薄いタイプの物も有りますが、なめたりこけた時のクッション性に不安があり使用することに抵抗を感じます。(1歳~11歳まで使用)

安全といえば、無防備な赤ちゃんが派手に転ぶのもコワイですものね。厚みとクッション性のあるマットは、転倒時の安全対策にも活躍しています。

赤ちゃんがハイハイやタッチを始めると、必ず後ろに転倒し頭を打ちます。この時、フローリングだと結構な衝撃を受ける為、ジョイントマットを買ってよかったと思います。(3ヶ月〜2歳現在)
お座り期から現在までは転倒が増えるので、怪我防止に大活躍です。(5ヶ月〜現在1歳半)

続いては、お手入れやお掃除について。

Sponsored Link

赤ちゃんのためのお手入れやお掃除

なめても大丈夫なように!皆さんは、どんなお掃除をしているのか聞いてみました。

赤ちゃんはジョイントマットも舐めてしまうので、なるべくアルコールで拭き掃除をこまめにする程度の掃除をしていました。(2ヶ月から1歳まで使用)
購入したばかりのときはちょっと匂いが気になったので、子どもがなめても大丈夫なように、一度全部水拭きしてから使い始めました。時間が経つと匂いは気にならなくなりました。(現在1歳2ヶ月)

私が購入したマットも開封直後はニオイが気になりましたが、ベランダで陰干しして風を当てたらすっかり消えましたよ。

もっと詳しいアンケート集はこちら

【ジョイントマットのお手入れ】赤ちゃんや幼児がいる家庭のお掃除と経験談集

サイドパーツをかじられて気になる

好奇心旺盛な赤ちゃんが狙うサイドパーツ。子供が大きくなれば、やっぱりあったほうが良いことも…。気になるなら、なめなめ時期が終わるまでは外して対策。でも、ママさん達のコメントを見てみると、清潔にしておけばオモチャ感覚でOKみたいですね。

端の細長いマット部品(サイドパーツ)は早い段階で子供が外して舐めたり、かじったりしたため取り外して使っています。(5ヶ月〜現在1歳半)
うちではマットのふち(サイドパーツ)をちゃんとつけて真っ直ぐにしてあるところと、めんどくさくてそのままのナミナミのままにしてしまっているところとあるのですが、ナミナミの所には静電気の関係なのかホコリや髪の毛が溜まりやすいので掃除はマメに行います。

ふち(サイドパーツ)も全部揃えて買ってつけるべきだったなと思いました。(1歳~3歳前後)

赤ちゃんがなめても安心感のあるジョイントマットを選びたい

赤ちゃんを守るために購入することが多いジョイントマット。口に入れちゃっても大丈夫なように、日々のお手入れはもちろん、購入時の商品選びにも気を付けたいですね。

  • しっかり洗えるタイプ
  • お手入れしやすいもの
  • 安全な素材

お手入れに関して、今回アンケートをとった先輩ママさん達のご意見では大判タイプがおすすめ。

大判ならホコリがたまりやすい接続部分の数が少ないので、お掃除が楽だからです。また、定期的にマット下を掃除する時にマット数が少ないほうが扱いやすくて便利です。

【おすすめ】日本国内の安全試験をクリアした大判サイズ

うちにあるのは、やわらかめの弾力が気持ちいいオレンジ色のマットです。木目調と比べて表面がやわらかいのでスベリにくい印象。

シックハウス症候群の原因物質のひとつとして知られるホルムアルデヒドの検査や、床暖房の耐熱試験が行われているので安心できます。

オレンジ色のジョイントマット

説明

別売りでサイドパーツが買えるので、ライフスタイルに合わせて後から追加買いできます。使って気に入ったら、洗い替え分とサイドパーツを買ってみるのもいいかも。

無地

厚みは、しっかり1.2cm。100均の0.8cm厚だと薄いなって感じだけど、この4mmの差は頼もしい感覚♪

無地の大判60cmタイプは、つなげると120cm×120cmサイズで使える4枚入りで1,380円です。※2017年12月時点の税込価格を記載しています。

詳しくはこちらの商品ページでどうぞ

今回のアンケートでも赤ちゃん雑誌でもベージュが人気なようですが、ほんわか明るいオレンジやピンク、ミントカラーも可愛くて良いですよ!

Sponsored Link