akatyanngazo1

パズル感覚で簡単に敷き詰められるから赤ちゃんやペットを飼っているご家庭に支持されているこの商品。

子供が転倒した時に怪我しなかったり、階下への騒音対策として購入される方も多いと思います。

ニトリや西松屋などの実店舗やネットで数多く販売されていますので、どれが良いのか迷いますよね?

そこで今回は色んなメーカーのマットを購入し検証している当ブログが、赤ちゃん・子供がいる家庭に最適な商品をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

構造ってどうなってるの?

mat056 断面図

実はスポンジ素材のEVA(サンダルなどに使われています)をベースとし、表面にコルクを張り合わせたものです。

クッション性とか弾力に優れているのはEVA素材のおかげ、もちろんコルクにも弾力性はありますが何より肌触りの良さが一番のポイントではないでしょうか。

夏のベタ~っとした感じを吸収してくれたり、冬は素足で歩いても「あったか~い」というメリットもあります。

現在、EVA100%のジョイントマットも販売されていますが、自然の温もりがよいとか、冬の寒さ対策になるとか、EVA100%よりも何かと良さを実感できると思いますが、もう一つメリットをあげるとすれば、絶対に滑らないという点でしょう。

踏み込んだ時のコルクの抵抗は凄く、フローリングが歩きにくいワンちゃんでも元気よく走り回ることが出来ます。

ということは室内犬を飼っている方はEVAじゃなくてコルクが絶対良いということですね。

 

ちなみにEVA100%のジョイントマットでスッテンコロリンしちゃいそうになった時があるのでお年寄りがいらっしゃるご家庭はご注意ください。

滑りやすさを検証した記事はこちらです

そういうことを考えると表面にコルクがあったほうが良いのかなと思いますね。

 

大粒と小粒の違い

ベビーざラス ジョイント部分のアップです

結論から言ってしまうとコルク部分の厚みはたったの1mm!

なので大きな違いはないんです。

例えば小粒は気泡が小さいから弾力が弱んじゃないの?とか、大粒のほうがクッション性が良いですよ~なんて言うお店もありますが、マット自体の厚みが8mmしか無かったら小粒だろうが大粒だろうが関係ありません。

 

当サイトをご覧頂ければお分かりいただけると思いますが、私は実際に色んなメーカーのマットを購入して実際に足で踏んでみたりしていますが、僅かな肌触りの違いは確認できるものの、大粒と小粒はどちらもクッション性に関しては大差ありません。

 

問題があるとすれば大粒のほうがボロボロと剥がれやすいのかなと感じています。

と言うのも大粒は接地面積が少ないので気密性が弱く、衝撃を与えた時など剥がれてしまうことがあるようです。

実際に楽天などで大粒の口コミを見てみると、剥がれるという言葉が散見されます。

逆に小粒の方は気密性が高くお互い強固に結びついていますので耐久性も高いことが伺えます。

 

安全面・ネットで購入できる商品はすべて検査基準に合格したものばかり

包装紙に入った状態

「安全なのか?」

赤ちゃんの肌に触れるものですから、安全・健康被害など一番気を使う部分だと思います。

最近だと、「ホルムアルデヒド」という言葉をよく目にしますが、有害物質なので親としては子供に触れさせたくないもの。

とくに生まれて間もない子供がいらっしゃるご家庭なら尚の事で、しっかりと基準をクリアしたものを選びたいところです。

けれどインターネットで販売されているコルクマットのほとんどは、国際検査基準であるSGSや国内検査機関に合格した商品です。

これはそれぞれの商品ページで確認することが出来ますが、逆に言うと、他のお店が検査機関に合格したものを販売しているのに、うちだけ検査機関を通していない商品を販売するわけにはいかないということになります。

 

しかし中には粗悪品を販売する業者もいますので、商品ページにしっかりと安全性を提示しているお店で買うようにしましょう!

 

コルクマットにサイドパーツがあるかどうかも確認しよう!

サイドパーツセット

今でこそサイドパーツは当たり前になりましたが、以前はメーカーによって無いものもありました。

ジョイント部分がむき出しになっていますから、赤ちゃんが引っかかったり、転倒の原因となりますのでサイドはスッキリとさせたほうが良いでしょう。

DIYが得意の方はサイドパーツを付けずにカッターで壁際の縁をカットすると仕上がりも良くなりますし、隙間にホコリが溜まることもありません。

そこまでなかなか出来無いという方は、サイドパーツがあるお店で購入するのが便利でしょう。

 

安さで選ぶか、厚みで選ぶか

ネットで何か購入する場合、楽天を覗かれる方が多いと思います。

品数が豊富でとにかく安い、他店と価格が比較できる、という利便性がありますから当然ですよね。

でも安いと言うのは理由があって楽天で販売されている商品の殆どは厚みが8mmしか無いんです。

口コミを見てみると、「想像よりも薄くかった」というコメントがあるように、

実際に手にとって見ると8mmって本当に薄いんです。

 

で、私が別のお店で購入した11mmのマットと比較するとこんな感じ

11mmと0.8mmの比較

「お~、こんなに違うのか・・。」と思うわけです。

衝撃の吸収は明らかに違うのは当然ですが、ふみ心地もやっぱり比べると違うんです。

ここで問題なのは騒音対策を考えているかどうか、です。

 

戸建住宅の方であれば8mmでも問題ないかと思いますが、アパート・マンションにお住いで階下への騒音が気になるという方は11mmをチョイスしたほうが無難かなと感じています。

1.5倍の厚みの違いは伊達じゃないです、子供が転倒した時の衝撃も違いますし、耐久性も変わってきます。

 

そこでおすすめなのが私も購入したこちらのお店

やさしいコルクマット専門店

ただ、一つだけ注意点があって、厚みが11mmあるのは45cmタイプのほうで30cmタイプは8mmです。

購入される場合は気をつけ下さいね。

 

騒音対策もそうですが、赤ちゃんがころんだ時の衝撃を考えると少しでも厚いほうが安心です。