大判

大判60cm×60cmサイズのジョイントマット販売ページを見ると、約8畳分の36枚セットってのがあるけど、6畳だと何枚使うことになるのかな?

うちにある60cmジョイントマットと和室6畳を使って、調べてみました。

Sponsored Link

和室6畳の広さを実際に計ってみると?

ところで、6畳は何cm×何cmなのかな?まずは、これを調べてみました。

和室イメージ

1畳の大きさをチェック。

カーペットやジョイントマットを販売するページでは、4種類の目安が書かれています。うちは賃貸アパートだから、集合住宅に多いと言われる団地間「85cm×170cm」なのかしら?

サイズ表

ピンとこないので、実際に我が家の和室にある畳のサイズを測ってみました。サイズのバラツキがありましたが、畳1枚は「85.5~87」×「171~174」cmぐらい

団地間で書かれているサイズに近いけど、ちょっとだけ違いますね。団地間と江戸間の中間という結果です。販売ページにも「おおよその目安」と書いてあるので、やっぱりあくまでも目安の数値なんですね。

では、次は6畳の大きさをチェック。

1畳サイズを元に計算してサラリと6畳サイズを出す予定でしたが、サイズのバラツキがあったので断念。皆さんも、ご自宅の1畳サイズから計算する時はお気を付けくださいね。

しかたがないので、畳6枚分でできる長方形の縦と横のサイズをメジャーを使って実際に測ってみることにしました。(物がたくさん置いてあるので、どかしながら測るのに一苦労!)

我が家の和室に敷いてある畳の数は6枚、このような並び。畳屋さんのサイトを見てみると一般的な敷き方のようですね。

畳の並び

そして、この6枚分の広さを実寸してみると「261cm×341cm」ぐらいでした。

比べて、団地間サイズ(1畳=85cm×170cm)を我が家と同じ畳の配置で計算すると「255cm×340cm」。長い辺は、実寸とかなり近いサイズですね。

我が家の
6畳分サイズ
261×341
(cm)
団地間サイズ
85×170で
計算した6畳分
255×340
(cm)

続いては、「261cm×341cm」の広さでは60cmのジョイントマットが何枚敷けるのかを計算!

Sponsored Link

60cmのジョイントマットを6畳に敷くとなると、何枚必要?

計算式が長いので、結果を先にお伝えしましょう。「261cm×341cm」の広さに何枚必要なのかを考えてみると、こちらの3パターンが候補にあがります。

我が家の6畳に必要な枚数(60cmジョイントマットの場合)

  1. 大きく隙間があってもOKなら20枚
  2. ちょっと隙間があってもOKなら25枚
  3. ジャストサイズにしたいなら30枚

販売ページにある枚数の目安表に、団地間と江戸間の6畳は約30枚って書いてありますが、うちの6畳もそんな枚数になりました。でも、30枚だとカットしないと並びませんけどね。

~この枚数になった説明~

【20枚】我が家の和室6畳(推定261cm×341cm)でマットを切らずの使うなら、縦横4枚×5枚並べて+サイドパーツを使うことになります。20枚使用で、約237.4cm×約295.4cm。

・・・これだと端に隙間ができちゃいますが、うちは収納ケースやハンガーラックをズラリと端に並べてるから隠れちゃうかも。

【30枚】ぴったり隙間なく使いたいなら、足りない分を追加して使うしかありませんね。部屋の広さに合わせてカットしたものを追加するとなると、プラス10枚必要。

【25枚】でもでも!ちょっとでもコストダウンしたいなら少しの隙間には目をつぶって、1枚60cmを20cmと40㎝に切り分けて2枚使えるようにすると、5枚削減できます。

それから、私が枚数を計算した過程はこちら。

【計算メモ(1)】大判60cmを並べて敷くと何センチになるのか、計算上ではこんな数値になります。

本体のみ サイドパーツ付き
4枚並べる 約234cm 約237.4cm
5枚並べる 約292cm 約295.4cm
6枚並べる 約350cm 約353.4cm

【計算メモ(2)】60cmマットをつなげた長さの求め方

  • (56cm×4枚)+(ミミ2cm×5)=約234cm
  • (56cm×5枚)+(ミミ2cm×6)=約292cm
  • (56cm×6枚)+(ミミ2cm×7)=約350cm

※ジョイントする時に、ミミが重なるのを考慮した計算です。

サイズ

【計算メモ(3)】60cmマット+サイドパーツだと

  • 4枚234cm+(1.7cm×2本)=約237.4cm
  • 5枚292cm+(1.7cm×2本)=約295.4cm
  • 6枚350cm+(1.7cm×2本)=約353.4cm

※サイドパーツの幅は3.7cmなので、ミミの2cmを引くと1.7cm幅。

私が買った大判ジョイントマットは、セット枚数が多いほどお得♪

 

このページで計算に使ったのは、木目調などがあるNaturalシリーズの『やさしいジョイントマット』大判ラージサイズ(ホワイトウッド)厚さ1センチです。

セットの種類は、4枚、12枚、24枚、36枚の4種類。

私は以前に、お試しで最小単位の4枚セット(1,980円)とサイズパーツを買いました。

色々な枚数のセットがあるので、

2~3種を組み合わせると20枚ちょっきりや、28枚、32枚で買うことができます。8,000円以上買うと送料無料になるので、6畳用の枚数をまとめて買うと送料なし♪

  • 12+4+4=20枚(8,760円)
  • 24+4=28枚(10,780円)
  • 24+4+4=32枚(12,760円)

しかし!

余剰マットが邪魔じゃないなら、セット枚数が多いほどお得感があるので予備マットとして多めに買うのもおすすめです。(4枚セットは1枚当たり495円、36枚セットは1枚当たり約356円)

20枚(8,760円)よりも24枚セット8,800円のほうが、32枚(12,760円)よりも36枚セット12,800円のほうが、1枚当たりの価格はお得になります。

※2017年11月時点の税込価格を記載しています。

Sponsored Link